アラサーOLぐだぐだ日記

都内勤務のアラサーがぐだぐたとメイクやコスメ、アイドルについて語ります~バリキャリとゆるきゃりの間~

理想の休日と親友

仕事を納め(たというか切り上げて)、お休みだーい(^3^)/年末に超楽しくて素敵な1日を過ごせたので記念に残しておく。

 

簡単にいうと親友と銀座ブラリしたんだけれども。あれ...フラリ....銀座...?

 

朝現地集合(デパート)

コスメカウンターで買い物

ランチ

募金

映画(シュガーラッシュオンライン)

f:id:aroundthirtyol:20181230163446j:image

 

一見するとなんてことのない普通のデートコースみたいなのだけど、全ての過程が100点すぎて大満足超楽しかったのである。

 

社会人になって友達と会うときはランチかディナーか飲みのどれかになることが多くなってきて(みんな忙しいからね)もちろん旅行とか一緒に行ったりすることもあるけれど、限られたなかで近況を話したり美味しいご飯を食べたりすることで満足していた。

今回はたまたまそんな食事をしていた時に、シュガーラッシュの話題になりアラサーの親友も実は観たかった!!!となってじゃあ一緒に行こうとなった。

ついでに誕生日が近いから欲しいものプレゼントすると話したところ、その友人はいままでそこまでメイクに興味なかったものの最近好きになってきて、ただなにがいいのかわからないしコスメカウンターは緊張するとのことで一緒にデパートのコスメカウンターに行っていろいろ試した上でプレゼントすることにした。

 

デパートでお買いもの

10時半に銀座のデパート集合。開店と同時にいくとコスメカウンターもまだそんなには混んでいない。午後になるともう海外のお客様や日本の方も入り乱れて大混雑ですよ〜だから朝一は正解です!と店員さん。

個人的にコスメカウンターの鉄則は即買いしないことだと思う。最初から買うものがはっきり決まっている場合は別だけども、例えばリップが欲しいならいくつかのブランドで試してからが良いと思う。タッチアップするときに正直に今日はリップを買いに来ていていくつかのブランドで比較しようとしていると伝えれば、絶対に買わなければいけないというプレッシャーがなくなるし店員さんも理解してくれる。

というわけで下地が気になるという親友とともにポール&ジョーをみつつ、個人的に気になっていたローラメルシエにも。ローラメルシエやはりすごい。最初は下地をみていたはずが、タッチアップの順番を待っている間にチーク、ハイライト、そしてリップまで気になってしまったw

親友のタッチアップの順番になったら一緒にBAさんの隣に立って話しながら、実際にしてもらっている姿をみていたのだけど、チーク、ハイライトを試すと明らかに顔色がパッと明るくなっていて感動した。そしてハイライトって?といっていた彼女がハイライトに心を奪われる瞬間も目撃した。当初は下地目的だったはずが結局一番心惹かれたハイライトをプレゼントすることに。すごく喜んでくれて私も心から嬉しくなった。そしてちゃっかり自分用にチークとずっと欠品していて欲しくても買えなかった最高のリップを。

そして親友は自分で下地を購入していたw

f:id:aroundthirtyol:20181230160914p:image

f:id:aroundthirtyol:20181230160922j:image

 

ローラメルシエは担当してくださったBAさんがとにかく感じがよくて、買い物も一期一会でとってもいい気持ちになったので感謝している。。

そのあともブラブラとコスメカウンターを見てまわりながらランチへ。

 

その間に募金も。親友に付き合わせつつ、なんとその子も募金してくれた。こういうところほんとに好きだ。

f:id:aroundthirtyol:20181230164001j:image

 

ランチと理想のコンビ

ここでこの子が理想のコンビであることを実感する出来事が。

せっかく銀座に来たんだしここから10分くらいのお洒落なカフェとかでランチしようか〜とカフェに向かって歩いている最中に、某ファミレスがふと目に入り内心「久しぶりにここで食べたいな〜でもせっかく銀座来たんだしカフェの方がいいだろうな」と思っていたのが伝わったのか、親友が「ちょっと提案してもいい?私あそこで食べたいかも(某ファミレス)しれない。」と呟いたのである。全く同じ気持ちになったこともびっくりだし、この銀座といういろんなお店がある街でファミレスという提案をしてくれた彼女に対して、本当に感覚が合うし最高だなと感じた。結論、即そのファミレスに行き二人で昼からロゼと好きなものを頼んで豪遊した。好きなだけ頼んでも一人1000円!最高!こういう時の金銭感覚にしろ、価値観が合うって最高だ。

 

理想のコンビっていろんな考え方があるし、私も他にも仲良しの親友は少ないながらもいる。そんな中でこの彼女とはどこに行ってもなにをしても感覚が合う。一緒に旅行にいってハプニングがあったとしても、彼女とならネガティブにならずそれすらもふたりで楽しめる。もう10年近くの仲だけどこの気持ちは一度も変わらない。きっと彼女がすごく優しくて気がきく子だから、私の気がつかないところでいろいろと気を回してくれているのだろうとは思う。彼女にはなにを話しても大丈夫だし、なにか私が困ったことになったとしても絶対味方になってくれるという自信がある。だからこそ私は絶対に迷惑をかけたくない。

 

大学時代は長い時間を一緒に過ごしていたけれど、社会人になってから実はしばらく1年に一度しか会わなかった時期がある。二人の仲にあったというわけではなく、たまたまお互い別でそれぞれ人生の岐路に立ち向かっていた時期だった。お互い信頼しているからこそ、自分の大変な時期は人に頼らず自分で乗り越えたいという気持ちがあったからだった。乗り越えた後はまた良く会うようになった。たまたまその時の話をしたら彼女も同じことを思っていた。あれ、、もしかして...友+情 を、くっつけて?

 

理想のコンビ=私にとってはその彼女なのだけど、必ずしも辛い時に一緒乗り越えることが親友というのが正解ではないと気がついた。ふとした時に連絡を取りたくなって、 なんてことのない日常を一緒に過ごせる相手。大きな岐路にそれぞれが立った時にそっと見守れる関係。それが私にとっての最高のコンビ。

 

そんな彼女とシュガーラッシュを一緒に観ることができてよかった。

 

 

今週たまたまはてなのお題がぴったりだったので便乗☻